オリジナル小説サイト「渇き」

恋愛小説、純文学、エッセイを扱った小説家・佐倉愛斗オリジナルサイト

nameless color

美しくない僕に生きる意味はないと泣いた少年。魔法使いになることを諦めた少女。恋に不器用な少年たち。生と性と自己の揺らぎをテーマとした短編集。企画参加作品の再録+書きおろし。

   

名前のない色

三好アキナはスカートで学校に通う男子高校生。有無を言わさぬ態度と美しさを持つアキナはその美貌で落とした男と寝ることを生きがいとしていた。しかし父の怒りを買ったアキナは「美しい完璧な自分」を失って……。

ムラサキ

この世には人間と魔法使いがいる。人間は赤い血を、魔法使いは青い血を持つ。しかしムラサキの血に生まれた彼女は、どちらとして生きてゆくべきなのだろうか。

造花の花は芽吹かない

美影と颯。二人にはそれぞれ大切な彼女がいた。惚気話をしながら一緒に風呂に入り、体を重ねる。どうして求めた体温は彼女たちのものじゃなかったのだろう。

夜が聴こえる

ヨルは僕と一緒にいる。真四角に切り取られた箱庭の中で落ち葉が腐っていくのを見つめてる。棒切れみたいにやせ細った少女、アカツキは、ヨルと僕を「お兄ちゃんたち」と呼んでくれた。

さようなら、ビタースウィート

冗談だってわかってる。告白ゲームで言われた「好き」。ねえ、真に受けたらだめかな。あなただって耳を赤く染めてたじゃない。