オリジナル小説サイト「渇き」

恋愛小説、純文学、エッセイを扱った小説家・佐倉愛斗オリジナルサイト

トップページに乗せる予定の小説たち

天使創造*

彼は本物の天使を創ろうとしている 彼を正すことができるのは、彼を愛する私だけ

国立大学の医学研究所に一通の申立書が届いた。それは産婦人科村上研究室にて人道から外れた実験をしているという密告書だった。――村上室長は天使を創ろうとしている。村上室長を止められるのは私しか、裁けるのは私しかいない。私は村上室長のことを愛しているから……。性と愛に翻弄される近未来ダークラブファンタジー。

その手で

いつか人は死ぬのにどうして生きるのだろう いつか別れはやってくるのにどうして

死んでしまいたいほど愚かでもなく、生きながらえたいほど希望もない。死について思考し続ける少女・ナイは体育館の二階で煙草を吸っている不良少年と出会う。そして恋が始まり、何もナイ少女は何かを取り戻していく。陰鬱ラブストーリー。

Omnibus

嘘つきは物語のはじまり

今夜も《遊び》を始めよう!

夜な夜な行われる語り部たちのゲーム。ルールはただ一つ。「本当のことは言ってはいけない」このバーの名前は《嘘》。今宵も虚言者たちの宴が始まる。

シークレット・カラー

胸当ての奥には少女の秘密が隠れてる 知られてはいけない、彼女だけの秘密

大きな襟、深い胸元、それを覆う胸当て。少女たちはセーラー服の中に秘密を隠している。名古屋のどこかにあるかもしれない女子高で起こったひとつの事件を5人の少女たちを中心に描く。少女×秘密をテーマとしたオムニバス小説。

卒業式

もし次に会うことがあれば「正しい姿」で

葬式の手順なんて知らなかった私たちは卒業式を真似た。生きることをやめると決めて、みなにサヨナラす。。トランスジェンダー×自死をテーマとした中編小説を2本収録した作品集。グループ展「サヨナラセイメイ。」出展作品。

愛を求める男たち

これは恋か。いや、劣情と愛だ

愛を求めて苦悩する男たちを描いた短編小説集。

flower

私は誰のことをも愛せずに死んでゆく 貴女が遺した花たちと私は生きるよ

あなたの花たちと私は生きるよ。ナルシズム・双子・死別。様々な女性同士の恋模様を描きました。花と女性と愛の物語。

僕の恋にさよならを

弔いをあげよう 死んでしまった恋たちと、死んでしまえと願った僕に

氷の花が舞いおりてプールの水面で死んでいく。僕の死体が沈むプールに。『水葬花火』他、五編収録の少年と失恋がテーマの短編小説集。恋の終わりに弔いを。

Short

ラブソングが歌えない

山崎ハルトは大人気男性アイドルユニット「プレシャスボーイズ」のセンター。”国民的彼氏”の名を欲しいままにするハルトだったが、彼のコンプレックスは恋愛をしたことがないということ。分からない感情なんて歌えない! しかしメンバー1のモテ男・一ノ谷シュンが「オレとデートするか?」と言い出して。アイドルな二人が繰り広げるボーイズラブコメディー。

それは音にならずして

教室に行けなくなり音楽室で過ごす男子生徒。
「お前、俺の音楽は好きか?」
――俺のこと、なんて聞けやしない。

俺たちに恋なんてない*

別にバレンタインデーでなくても俺たちはチョコレートを食べるし、恋がなくても一緒にいてセックスもする。それでもいいでしょ?

彼女と呼んで

彼女って呼ばれたい。三人称じゃなくて、大切な人という意味で

白い性器

ストリップショーで観た白い性器は果たして正しかったのだろうか

SS

恋が桜色だなんて誰が決めた

叶わない恋。引き裂かれる恋。抱いてはいけない恋。恋ってそんなに素晴らしいものですか?恋愛短編小説シリーズ。

僕は確かにそこにいた

路地裏の鉄階段の下。場末のラブホテルのソファー。壊れた家族の中。僕は確かにそこにいた。純文学短編小説シリーズ。

 

私と世界と言葉について

公募で募った50題をもとにしたエッセイ集。